先週末の中央競馬勝ち馬

今週末は秋競馬の最初のG1スプリンターズステークスが中山競馬場で行われます。

スプリンターズステークスは過去10年でロードカナロアやレッドファルクスなど連覇した馬が2頭も出ているように、割とリピーターが多い印象もありますが、タワーオブロンドンも2019年のスプリンターズステークスの優勝馬。前哨戦のセントウルステークスをステップレースとして選んで勝利に繋げた訳ですが、過去には安田記念からの直行など他の路線から臨んでいる組にも実績はありますからね。さて、今年はどの馬に栄冠は輝くのでしょうか。スピード自慢の馬たちが競い合う姿を楽しみにしたいと思います。

タワーオブロンドン産駒の
キャッツアイ’ 22残88口
当歳 鹿毛 2022.04.04生 新ひだか産
父:タワーオブロンドン 母:キャッツアイ (母の父:スピルバーグ)
美浦・蛯名正義厩舎予定
販売総額 2,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 10,000円

事前予約なしで入場が可能な「当日現金発売入場券」の発売もあってか競馬場には徐々に人が戻りつつあるようですが、特にG1開催日は混雑が予想されます。今まで通り、コロナ対策をしつつ観戦をいただければと思います。ちなみに、G1当日のG1開催競馬場は「当日現金発売入場券」の発売はないそうですので、ご注意ください。

さて、今週末、チーム広尾からはドンカルロが出走を予定しています。相手関係やメンバーを考慮して予定を早めて中京で出走することになりましたが、予定していた岩田望来騎手が騎乗できるようですし、ダ1400mの距離でどのような初戦を迎えるのか楽しみです。ぜひ応援をいただければと思います。

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、20年産、21年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エピファネイア・・・アスカビレン’20(※満口
タガノフィナーレ(牝3) 9/24 中京10R 夕月特別(3歳以上2勝クラス) 芝2000m 1着

◆ドレフォン・・・レトロクラシック’20(※満口
スピードソルジャー(牡3) 9/25 中山8R 3歳以上1勝クラス ダ1800m 1着

◆ヘニーヒューズ・・・サンライズシェル’21(※満口
トレド(牡2) 9/24 中山3R メイクデビュー中山 ダ1800m 1着
パウオレ(牝3) 9/25 中山6R 3歳以上1勝クラス ダ1200m 1着
ファシネートゼット(牝5) 9/25 中京10R 桶狭間ステークス(3歳以上3勝クラス) ダ1400m 1着

◆ホッコータルマエ・・・ゼロカラノキセキ’21(※残口わずか
キュールエフウジン(牡3) 9/24 中京12R 3歳以上2勝クラス ダ1800m 1着

◆マジェスティックウォリアー・・・ミンティエアー’20(※満口エンパイアブルー’21(※満口
ピッチパーフェクト(牝2) 9/25 中山1R 2歳未勝利 ダ1800m 1着

◆モーリス・・・ステラリード’20(※満口
ハコダテブショウ(牡4) 9/24 中山11R ながつきステークス(OP) ダ1200m 1着
サンライズアムール(牡3) 9/24 中京8R 3歳以上1勝クラス ダ1200m 1着
ジェラルディーナ(牝4) 9/25 中山11R オールカマー(G2) 芝2200m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※満口
ロバートソンキー(牡5) 9/25 中山11R オールカマー(G2) 芝2200m 2着

◆ロードカナロア・・・キョウエイカルラ’20(※満口
ロードフォンス(牡2) 9/24 中京2R 2歳未勝利 ダ1400m 1着
ロードアクア(牡6) 9/25 中京1R 障害3歳以上未勝利 芝3000m 1着

倶楽部出身キャッツアイの初仔。父はスプリンターズSを制したタワーオブロンドン!
キャッツアイ’ 22残88口
当歳 鹿毛 2022.04.04生 新ひだか産
父:タワーオブロンドン 母:キャッツアイ (母の父:スピルバーグ)
美浦・蛯名正義厩舎予定

ニーナブランド、メイショウヒュウガが新馬勝ち!
ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
アイスジャイアントがJBC2歳優駿(Jpn3)に優勝!
ゴッドフロアー’ 20TEL受付
2歳 鹿毛 2020.02.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゴッドフロアー (母の父:ハーツクライ)
栗東・松永幹夫厩舎予定

キズナ産駒のアスクワイルドモアが京都新聞杯(G2)に優勝!
バスラットレオンがゴドルフィンマイル(UAEG2)に優勝!
ソングラインが1351ターフスプリント(沙G3)に優勝!
ディープボンドが阪神大賞典(G2)に優勝。天皇賞・春(G1)で2着!
ファインルージュがヴィクトリアマイル(G1)で2着!
デプロマトウショウ’21満口直前
1歳 黒鹿毛 2021.02.03生 浦河産
父:キズナ 母:デプロマトウショウ (母の父:ファスリエフ)
美浦・栗田徹厩舎予定

ホッコータルマエ産駒のレディバグが栗東S(L)に優勝!
ブリッツファングが兵庫チャンピオンシップ(Jpn2)に優勝!ジャパンダートダービー(Jpn1)3着!
マルモリキングが新馬戦に優勝!
ゼロカラノキセキ’21残口わずか
1歳 黒鹿毛 2021.03.15生 新ひだか産
父:ホッコータルマエ 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
美浦・尾関知人厩舎予定

半兄パンサラッサはドバイターフ(UAEG1)に優勝!
半兄エタンダールは青葉賞(G2)2着!日本ダービー(G1)にも出走!
半姉ディメンシオンは京成杯オータームH(G3)2着!阪神牝馬S(G2)3着!キーンランドC(G3)3着!
ミスペンバリー’ 21残口わずか
1歳 鹿毛 2021.02.19生 新ひだか産
父:キズナ 母:ミスペンバリー (母の父:Montjeu)
美浦・高柳瑞樹厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

先週末の中央競馬勝ち馬

新規でご入会をご検討中の方は、新規・ステップアップ特典が適用され、4口分の馬出資金が0円となることを

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

11/7から申込受付が開始となった2023年・2024年2歳馬追加募集馬のうち、開始後3日でゴッドフ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

初年度産駒が2歳戦で次々と勝ち上がっているリアルスティール産駒。先週もトーホウガレオンが阪神の芝18

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

先週はパンサラッサが天皇賞(秋)に出走しました。1000m通過が57.4というハイペースで外連味のな

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

秋の天皇賞の勝ち馬というと、モーリス、キタサンブラック、アーモンドアイなど名馬がズラリと揃うレースの

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

ここ数ヶ月のうちに引退する馬が多く出ましたが、他の馬に出資しようかとご検討中の方もいらっしゃるかと思

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

馬を選ぶポイントは人それぞれかと思います。馬体派の方、血統派の方、厩舎派の方など、人によって重きを置

記事を読む

クレッシェンドラヴ&アドバンスマルス

先週末の中央競馬勝ち馬

クレッシェンドラヴが現役を退くこととなりました。2歳の10月にデビューしてから6年間という長きにわた

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

今週末はクレッシェンドラヴがオールカマー(G2)に出走を予定しています。オールカマーには2019年と

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

先週末の中京競馬はレコードタイムが連発し、時計面で注目を集めるレースが多かったように感じます。

記事を読む

PAGE TOP ↑