先週末の中央競馬勝ち馬

今週の出走馬は神戸新聞杯(G2)に出走予定のロードカナロア産駒のパンサラッサとオールカマー(G2)に出走予定のステイゴールド産駒のクレッシェンドラヴに加えて、1年2カ月ぶりのレースとなるJimmy Creed産駒のアドバンスマルスの3頭が出走を予定しています。

過去の実績では、神戸新聞杯(G2)は春のクラシック路線を戦ってきた馬たちが強く、前走ダービー(G1)が過去10年間でオール連対(そのうち1着9回)しているように、やはりダービーに出走組は重要視せざるを得ない存在となりそうです。

前走がラジオNIKKEI賞(G3)だった馬を調べてみると、過去10年で3着以内に入線した馬は決して多くはないものの、今年の秋のトライアルを見ていると、バビット(セントライト記念1着)、パラスアテナ(紫苑S2着)など、ラジオNIKKEI賞(G3)出走馬の活躍が目立つということもありますからね。今年は阪神から場所を変えて左回りの中京で開催が行われるため、例年とは違う条件ではありますが、何とか持ち味が活きるレースになってくれることを祈っています。

<前走がラジオNIKKEI賞(G3)となる出走馬の神戸新聞杯(G3)における成績>
2011年 フレールジャック  3着  (前走:ラジオNIKKEI賞(G3) 3着)
2012年 ロードアクレイム  2着  (前走 ラジオNIKKEI賞(G3) 8着)
2018年 メイショウテッコン  3着  (前走 ラジオNIKKEI賞(G3) 3着)

オールカマー(G2)は、ローテーションとしては、前走宝塚記念(G1)が4勝、2着3回、3着2回以内と一番好成績を上げていて、次いで多いのが、前走七夕賞(G3)が1勝、2着2回となります。直近では、昨年、ミッキースワローが七夕賞(G3)に優勝した後、オールカマー(G2)で2着に入った実績がありますからね。心身共にいい状態で臨めるようですし、大人になったクレッシェンドラヴのレースぶりにも注目したいと思います。

長期休養明けのアドバンスマルスの出走もありますし、今週も注目のレースが盛り沢山。みなさま、熱い声援をいただければと思います!

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、18年産、19年産、20年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エスポワールシチー・・・スターリーソング(ウディバードソング’18 ※満口
サンキューレター(牡2) 9/19 中山2R 2歳未勝利 ダ1800m 1着

◆エピファネイア・・・ゴッドシエル(ゴッドフロアー’18 ※満口ベネディーレ’19(※満口
プントファイヤー(牡3) 9/19 中山8R 3歳以上1勝クラス ダ1800m 1着
ベデザンジュ(牝3) 9/20 中山7R 3歳以上1勝クラス 芝2500m 1着
アリストテレス(牡3) 9/20 中京9R 小牧特別(3歳以上2勝クラス) 芝2200m 1着
ムジカ(牝3) 9/20 中京11R ローズステークス(G2) 芝2000m 2着
グローリアスカペラ(牝2) 9/21 中山3R 2歳未勝利 芝1600m 1着

◆オルフェーヴル・・・ヴィジャーヤ(デプロマトウショウ’18 ※満口
ディアマンミノル(牡3) 9/21 中京9R 金山特別(3歳以上1勝クラス) 芝2200m 1着

◆キズナ・・・バスラットレオン(バスラットアマル’18 ※満口
クエストフォーラヴ(クエストフォーワンダー’18 ※満口
サウンドレベッカ(牝3) 9/19 中京6R 3歳以上1勝クラス 芝2000m 1着
テリオスベル(牝3) 9/21 中山8R 3歳以上1勝クラス ダ1800m 1着
クリスティ(牝3) 9/21 中京10R 2010メモリアル ブエナビスタカップ(3歳以上2勝クラス) 芝1600m 1着

◆キングカメハメハ・・・リナーシェ(ヴェイパー’18 ※満口サティアナ’19(※残201口
ホウオウアマゾン(牡2) 9/19 中京9R 野路菊ステークス(OP) 芝1600m 1着
ロスカボス(せん7) 9/21 中山1R 障害3歳以上未勝利 芝→ダ2880m 1着
ヴァンランディ(牡4) 9/21 中山10R 2000メモリアル テイエムオペラオーカップ(3歳以上2勝クラス) 芝2000m 1着

◆ジャスタウェイ・・・ラヴマイウェイ(ハイアーラヴ’18 ※満口
ナスノフォルテ(牝3) 9/20 中山6R 3歳以上1勝クラス ダ1800m 1着

◆ダンカーク・・・エベーヌ(ラズベリータイム’18 ※満口スイートマカロン’19(※満口
ペオース(牡3) 9/20 中京12R 3歳以上2勝クラス ダ1800m 1着

◆タートルボウル・・・フィルメーザ(コスモライセンス’ 18 ※満口
コロンドール(牡3) 9/19 中山9R 汐留特別(3歳以上1勝クラス) 芝2000m 1着

◆ディープブリランテ・・・・ギガインパクト(グレイスフルソング’18 ※満口
サンズオブタイム(牡2) 9/20 中山2R 2歳未勝利 芝1800m 1着

◆ドゥラメンテ・・・マーテル(マルヴァーンスプリング’18 ※満口
ジュンブルースカイ(牡2) 9/20 中京5R メイクデビュー中京 芝2000m 1着

◆ブラックタイド(キタサンブラックの父)・・・ショウナンカラット’19(父キタサンブラック ※満口
タガノエスプレッソ (牡8) 9/19 中京8R 阪神ジャンプステークス(J・G3) 芝3300m 1着
ブレイクスピアー(牡5) 9/19 中京8R 阪神ジャンプステークス (J・G3) 芝3300m 3着
ブラックアーメット(牡2) 9/20 中京2R 2歳未勝利 ダ1200m 1着

◆モーリス・・・カイザーノヴァ(ステラリード’18 ※満口
ココクラッシュ(牝2) 9/20 中京3R 2歳未勝利 芝1200m 1着
ゾディアックサイン(牡2) 9/21 中山4R 2歳未勝利 芝2000m 1着
ブルメンダール(牡2) 9/21 中山5R メイクデビュー中山 芝1600m 1着
ポールスター(牡2) 9/21 中京1R 2歳未勝利 ダ1400m 1着

◆リオンディーズ・・・マミリアス(ハニーハント’18 ※満口
ナムラメーテル(牝2) 9/21 中京5R メイクデビュー中京 芝1600m 1着

◆ロードカナロア・・・ステラリード’19(※満口
テイエムイダテン(牡3) 9/20 中京6R 3歳以上1勝クラス ダ1200m 1着
ロードシャムロック(牡3) 9/20 中京7R 3歳以上1勝クラス 芝1600m 1着

新潟記念(G3)を制したブラヴァス、野路菊S(OP)を連勝で飾ったホウオウアマゾンと同じくキングカメハメハを父に持つ
サティアナ’19残201口
1歳 鹿毛 2019.03.16生 浦河産
父:キングカメハメハ 母:サティアナ (母の父:Street Cry)
栗東・藤原英昭厩舎予定

ウインアルエット’20
当歳 鹿毛 2020.02.03生 浦河産
父:ルーラーシップ 母:ウインアルエット (母の父:ダンスインザダーク)
厩舎未定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

先週末の中央競馬勝ち馬

募集馬を検討する際に注目するポイントは人それぞれかとは思いますが、最新の近況や写真、動画を参考にして

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

活躍した牝馬が引退をして繫殖入りし、産駒生まれると自ずと注目が集まるということもあって、時期的にも最

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

早いもので1/14~1/15の競馬開催が終了しました。通常通りのサイクルに戻ったこともあり、ようやく

記事を読む

1/5~1/9の中央競馬勝ち馬

2022年のリーディングが確定しましたが、種牡馬部門で1位に輝いたのがディープインパクトで11年連続

記事を読む

no image

新年明けましておめでとうございます。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になり、ありがとうございました。本年も本

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

年賀状の準備や来年のカレンダーなど、いよいよ年末という感じが漂ってきましたが、競馬の方も今週末は有馬

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

出資馬を選ぶ際に父や母などの血統に重きを置く方、きょうだいや母系、馬体、歩様、顔、厩舎、騎乗しそうな

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

ウィンダミアは先月東京で行われた2勝クラスに出走し5着入線と掲示板を確保してくれました。ゲート内で隣

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

バスラットレオンやキングエルメスと一緒に欧州で走ったアルコールフリーが先日行われたTattersal

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

新規でご入会をご検討中の方は、新規・ステップアップ特典が適用され、4口分の馬出資金が0円となることを

記事を読む

PAGE TOP ↑