先週末の中央競馬勝ち馬

先週末のドバイ開催は時差の関係で夜遅くではありましたが、馬券の発売もありましたし、ライブでご覧になられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。ドバイワールドカップ(G1)のチュウワウィザード、ドバイシーマクラシック(G1)のクロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ドバイターフ(G1)のヴァンドギャルド、ドバイゴールデンシャヒーン(G1)のレッドルゼルなど、結果としては2着が最高着順でしたが、シーマクラシック(G1)など中には僅差で惜しいレースもありました。

以前は海外の馬との差を感じざるを得ない、そんな時代もありましたが、ここまで海外で通用するようになってくると、本当に日本馬のレベルの高さというのも疑いようがありません。海外遠征には輸送や環境の変化など様々な苦労が伴うことも多い訳ですが、加えてこのコロナ禍ですからね。挑戦しないことには勝利はないのですが、こんなご時世でも海外遠征に挑戦し、感動を与えてくれた馬主サイドや調教師を始め関係者のみなさまには本当に感謝したい気持ちで一杯です。

また、こちらは馬券の発売対象レースではありませんでしたが、UAEダービー(G2)ではタケルペガサスがムーアの騎乗に応えて4着に入線しました。最後の直線で一完歩ずつ伸びてきて、最後は3着馬に迫る脚色でしたし、ゴール板を過ぎてからも伸び続ける姿にはダンカーク産駒らしさを感じさせました。日本馬では最先着でしたし、今後、海外での経験が活きてくることを祈りつつ、今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

先週末の中央競馬ではロードカナロア産駒が大挙7勝を挙げましたが、そのうちの1勝がダノンスマッシュの高松宮記念(G1)でした。父ロードカナロアも高松宮記念(G1)を制しているため、父子制覇となった訳ですが、意外にもロードカナロアにとっては初の芝スプリント戦でのG1制覇でもありました。ロードカナロアは現在リーディングサイヤー争いでは現在2位とディープインパクトに肉迫する勢いでもあり、クラシック戦線が始まっても、この勢いを維持できるかどうかがカギとなりそうですが、ディープインパクトも先週末は重賞を含む6勝と負けず劣らず。しばらく好勝負が続きそうです。

ちなみに、ダノンスマッシュは2番子で、今年のスプリングS(G2)を制したヴィクティファルスも2番子。金鯱賞(G2)に優勝したギベオンも2番子ですし、2番子のゼロカラノキセキ’20にもご注目いただければと思います。

ゼロカラノキセキ’20
1歳 芦毛 2020.03.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
美浦・尾関知人厩舎予定

今週末は注目のクレッシェンドラヴが大阪杯(G1)に出走を予定しています。有馬記念(G1)以来の出走にはなりますが、メンタル面の強化も進んでいるようで、いい状態で臨めそうというコメントも出ていますからね。雨も味方に付けて、陣営の努力が実ることを祈りたいと思います。引き続き同条件での出走を重ねるマミリアスと3キロ減で牝馬限定レースに臨むリナーシェ、こちらの2頭にも熱いご声援のほど、よろしくお願いします!

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、19年産、20年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エピファネイア・・・ベネディーレ’19(※満口アスカビレン’20(※満口
スペシャルドラマ(牡3) 3/27 中山6R 3歳1勝クラス 芝1800m 1着

◆キズナ・・・ミスペンバリー’19(※満口
ピナ(牝3) 3/27 中京1R 3歳未勝利 ダ1400m 1着
クリスティ(牝4) 3/28 阪神11R 六甲ステークス(L) 芝1600m 1着

◆キングカメハメハ・・・サティアナ’19(※満口
レザネフォール(牡4) 3/27 中京10R 恋路ケ浜特別(4歳以上2勝クラス) 芝2000m 1着
ピーニャ(牡3) 3/28 阪神3R 3歳未勝利 ダ2000m 1着
ロードアブソルート(牡5) 3/28 中京12R 四日市特別(4歳以上2勝クラス) ダ1400m 1着

◆パイロ・・・ソヴールトウショウ’19(※募集中
ゴーゴーレイワ(牝4) 3/28 中京6R 4歳以上1勝クラス ダ1200m 1着

◆ブラックタイド(キタサンブラックの父)・・・ショウナンカラット’19(父キタサンブラック ※満口
ゴールドミーティア(牡3) 3/27 中山3R 3歳未勝利 ダ1800m 1着
クローズネスト(牝3) 3/27 阪神3R 3歳未勝利 ダ1200m 1着
ノーブルキャニオン(牡3) 3/27 中京4R 3歳未勝利 ダ1800m 1着

◆マジェスティックウォリアー・・・ゼロカラノキセキ’19(※満口)レフィナーダ’19(※残240口)ミンティエアー’20(※募集中)
ディオスクーロイ(牡3) 3/28 阪神6R 3歳1勝クラス ダ1200m 1着

◆ミッキーアイル・・・クエストフォーワンダー’19(※満口
ショウリュウレーヴ(牡3) 3/27 阪神7R 3歳1勝クラス 芝1400m 1着

◆モーリス・・・ショウナンタレント’19(※満口ステラリード’20(※満口
ロングジャーニー(牝3) 3/27 中山2R 3歳未勝利 ダ1200m 1着
マジカルステージ(牝3) 3/28 阪神5R 3歳未勝利 芝2000m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※残口わずか
ペプチドフシチョウ(牝5) 3/28 阪神9R 四国新聞杯(4歳以上2勝クラス) 芝2000m 1着
タイセイモンストル(牡4) 3/28 中京7R 4歳以上1勝クラス 芝2200m 1着

◆ロードカナロア・・・ステラリード’19(※満口キョウエイカルラ’20(※満口
スピリットワンベル(牡6) 3/27 中山9R 春風ステークス(4歳以上3勝クラス) ダ1200m 1着
リッケンバッカー(牡3) 3/27 阪神2R 3歳未勝利 芝1600m 1着
グランデマーレ(牡4) 3/27 阪神10R 天神橋特別(4歳以上2勝クラス) 芝1600m 1着
ペプチドバンブー(牡6) 3/27 中京11R 名鉄杯(OP) ダ1400m 1着
ホウオウエミーズ(牝4) 3/28 中山8R 4歳以上2勝クラス 芝1800m 1着
マテンロウルビー(牝3) 3/28 中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 1着
ダノンスマッシュ(牡6) 3/28 中京11R 高松宮記念(G1) 芝1200m 1着

父マジェスティックウォリアー産駒のハンディーズピークが2歳コースレコードで新馬勝ち。
年明けに早くも2勝目を挙げる。
レフィナーダ’19残240口
父:マジェスティックウォリアー 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
牝2歳 黒鹿毛 2019.05.22生 新ひだか産
美浦・高柳瑞樹厩舎予定

ルーラーシップ産駒のホウオウイクセルがフラワーC(G3)制覇!
ウインアルエット’20残口わずか
父:ルーラーシップ 母:ウインアルエット (母の父:ダンスインザダーク)
牝1
歳 鹿毛 2020.02.03生 浦河産
栗東・松永幹夫厩舎予定

所属予定厩舎が「栗東・須貝尚介厩舎」になりました!
ミンティエアー’20募集中
父:マジェスティックウォリアー 母:ミンティエアー (母の父:アグネスタキオン)
牡1歳 鹿毛 2020.02.09生 浦河産
栗東・須貝尚介厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

先週末の中央競馬勝ち馬

ウィンダミアは先月東京で行われた2勝クラスに出走し5着入線と掲示板を確保してくれました。ゲート内で隣

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

バスラットレオンやキングエルメスと一緒に欧州で走ったアルコールフリーが先日行われたTattersal

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

新規でご入会をご検討中の方は、新規・ステップアップ特典が適用され、4口分の馬出資金が0円となることを

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

11/7から申込受付が開始となった2023年・2024年2歳馬追加募集馬のうち、開始後3日でゴッドフ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

初年度産駒が2歳戦で次々と勝ち上がっているリアルスティール産駒。先週もトーホウガレオンが阪神の芝18

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

先週はパンサラッサが天皇賞(秋)に出走しました。1000m通過が57.4というハイペースで外連味のな

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

秋の天皇賞の勝ち馬というと、モーリス、キタサンブラック、アーモンドアイなど名馬がズラリと揃うレースの

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

ここ数ヶ月のうちに引退する馬が多く出ましたが、他の馬に出資しようかとご検討中の方もいらっしゃるかと思

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

馬を選ぶポイントは人それぞれかと思います。馬体派の方、血統派の方、厩舎派の方など、人によって重きを置

記事を読む

クレッシェンドラヴ&アドバンスマルス

先週末の中央競馬勝ち馬

クレッシェンドラヴが現役を退くこととなりました。2歳の10月にデビューしてから6年間という長きにわた

記事を読む

PAGE TOP ↑