先週末の中央競馬勝ち馬

先週末はマジェスティックウォリアー産駒が2頭勝利し、そのうち1頭は新馬戦で挙げたものでした。しかも、最後の新馬戦での勝ち上がりでしたので、オーナーや関係者のみなさまの喜びもより一層大きなものだったかとは思いますが、見事な逃げ切り勝ちでした。無理せず先頭に立つと、ハナへ立ち主導権を握り、持ったままで直線に入り追い出されると加速し、後続との着差を広げて3馬身半差での勝利でした。余力を残した勝ち方でしたし、今後の活躍が楽しみになりました。

もう一頭の勝ち馬スギノマジェスティは川西特別(2勝クラス)を快勝。逃げ馬を行かせて無理せず2番手からレースを運び、4コーナーから直線に入るところで一旦2着馬に並びかけられるも差し返し、そこからは引き離す一方でした。ゆったりとした流れもプラスに働いたのかもしれませんが、最後は6馬身差をつける圧勝劇。こちらも今後が楽しみになりました。

マジェスティックウォリアー産駒というとチーム広尾ではキセキノセンシが現役で頑張ってくれていますが、次世代ではミンティエアー’20が控えています。残口も255口と着実に少なくなってきましたので、ご検討の上、お早めにお申込みいただければと思います。

さて、今週末はそのキセキノセンシとパンサラッサの2頭が共に中山競馬場で出走を予定しています。大逃げを打つこともあり、中山記念(G2)に出走予定のパンサラッサの方により注目が集まるかとは思いますが、未勝利戦で勝ち上がりを目指すキセキノセンシは名手武豊騎手を確保しての出走となりましたからね。除外によって乗り込むことができたようですし、そのレースぶりにもご注目いただければと思います。
また、キセキノセンシの半妹のゼロカラノキセキ’20の残口が136口と少なくなってきました。こちらも併せてご検討いただければと思います。

中央競馬は2月末で一区切りとなり、3月から新しい一年がスタートします。名伯楽たちが手掛けた馬たちが出走するのも今週末が最後。毎年この時期になると寂しさがつのりますが、コロナの関係でしばらく直接取材ができておらず、ご挨拶すらできないのも寂しい限り。中にはお世話になった方もおりますし、少し心残りではありますが、レジェンドたちの管理した出走馬にも注目しながら、今週末もチーム広尾の出走馬2頭を応援したいと思います。ぜひみなさまも熱いご声援をいただければと思います。

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、20年産、21年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エピファネイア・・・アスカビレン’20(※満口
アップデート(牡3) 2/19 阪神6R 3歳未勝利 芝2400m 1着

◆キズナ・・・デプロマトウショウ’21(※募集中)
インベルシオン(牡3) 2/20 阪神3R 3歳未勝利 ダ1800m 1着
アネゴハダ(牝3) 2/20 阪神6R 3歳1勝クラス 芝1400m 1着
モンサンイルベント(牡5) 2/20 阪神7R 4歳以上1勝クラス ダ1800m 1着

◆ドゥラメンテ・・・ジアナズドリーム’20(※残口わずか
ドゥラモンド(牡4) 2/20 東京8R 4歳以上2勝クラス 芝1400m 1着
アリーヴォ(牡4) 2/20 小倉11R 小倉大賞典(G3) 芝1800m 1着

◆ヘニーヒューズ・・・サンライズシェル’21(※募集中)
オクトニオン(牡3) 2/19 東京3R 3歳未勝利 ダ1600m 1着
アドマイヤルプス(せん5) 2/19 阪神10R 播磨ステークス(4歳以上3勝クラス) ダ1400m 1着
フォトスフィア(牡3) 2/20 東京3R メイクデビュー東京 ダ1400m 1着
ビーアイフェリペ(牡4) 2/20 小倉3R 4歳以上1勝クラス ダ1000m 1着

◆マジェスティックウォリアー・・・ミンティエアー’20(※残255口
レオノーレ(牝3) 2/20 阪神4R メイクデビュー阪神 ダ1400m 1着
スギノマジェスティ(牡4) 2/20 阪神9R 川西特別(4歳以上2勝クラス) ダ1800m 1着

◆ミッキーアイル・・・ルックオブラヴ’20(※募集中)
ミッキーレタス(牝3) 2/19 東京4R メイクデビュー東京 ダ1600m 1着
シャーレイポピー(牝4) 2/20 阪神10R 武庫川ステークス(4歳以上3勝クラス) 芝1600m 1着

◆モーリス・・・ステラリード’20(※満口
ハセドン(牡3) 2/19 阪神7R 3歳1勝クラス ダ1800m 1着
ノースブリッジ(牡4) 2/20 東京10R アメジストステークス(4歳以上3勝クラス) 芝2000m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※満口
サトノラムセス(牡4) 2/20 阪神12R 4歳以上2勝クラス 芝1600m 1着

◆ロードカナロア・・・キョウエイカルラ’20(※満口
バイオアート(牝3) 2/19 東京6R 3歳未勝利 芝1600m 1着
ローヴェロ(牡3) 2/20 東京1R 3歳未勝利 ダ1400m 1着

◆American Pharoah・・・Gem Gem’20(※満口
カフェファラオ(牡5) 2/20 東京11R フェブラリーステークス(G1) ダ1600m 1着

ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
アイスジャイアントが2歳新馬戦に優勝し、JBC2歳優駿(Jpn3)にも優勝!
半兄キセキノセンシが新馬戦で上がり3F最速で3着に入線!
ゼロカラノキセキ’ 20残136口
牝2歳 芦毛 2020.03.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
美浦・尾関知人厩舎予定

ニュージーランドT(G2)に優勝したバスラットレオンと同じ三嶋牧場生産馬!
父マジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーがユニコーンS(G3)に優勝!
サンライズホープがシリウスステークス(G3)に優勝!
ライトウォーリアが太秦ステークス(OP)に優勝!
ミンティエアー’20残255口
父:マジェスティックウォリアー 母:ミンティエアー (母の父:アグネスタキオン)
牡2歳 鹿毛 2020.02.09生 浦河産
栗東・須貝尚介厩舎予定

エイシンフラッシュ産駒のオニャンコポンが京成杯(G3)に勝利!
ラズベリータイム’ 20残262口
牝2歳 黒鹿毛 2020.02.25生 新ひだか産
父:エイシンフラッシュ 母:ラズベリータイム (母の父:フジキセキ)
栗東・田中克典厩舎予定

ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
アイスジャイアントが2歳新馬戦に優勝し、JBC2歳優駿(Jpn3)にも優勝!
ゴッドフロアー’ 20満口直前
2歳 鹿毛 2020.02.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゴッドフロアー (母の父:ハーツクライ)
栗東・松永幹夫厩舎予定

父は現役時代にG1 5連勝を含むG1 6勝を挙げた超大物。初年度産駒が米国で2歳種牡馬リーディングに輝く!
日本でもグランアプロウソが圧倒的なスピードで新馬戦を快勝!
ステラエージェント’ 21満口直前
1歳 栗毛 2021.02.26生 浦河産
父:Gun Runner 母:ステラエージェント (母の父:More Than Ready)
栗東・矢作芳人厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

先週末の中央競馬勝ち馬

ウィンダミアは先月東京で行われた2勝クラスに出走し5着入線と掲示板を確保してくれました。ゲート内で隣

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

バスラットレオンやキングエルメスと一緒に欧州で走ったアルコールフリーが先日行われたTattersal

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

新規でご入会をご検討中の方は、新規・ステップアップ特典が適用され、4口分の馬出資金が0円となることを

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

11/7から申込受付が開始となった2023年・2024年2歳馬追加募集馬のうち、開始後3日でゴッドフ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

初年度産駒が2歳戦で次々と勝ち上がっているリアルスティール産駒。先週もトーホウガレオンが阪神の芝18

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

先週はパンサラッサが天皇賞(秋)に出走しました。1000m通過が57.4というハイペースで外連味のな

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

秋の天皇賞の勝ち馬というと、モーリス、キタサンブラック、アーモンドアイなど名馬がズラリと揃うレースの

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

ここ数ヶ月のうちに引退する馬が多く出ましたが、他の馬に出資しようかとご検討中の方もいらっしゃるかと思

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

馬を選ぶポイントは人それぞれかと思います。馬体派の方、血統派の方、厩舎派の方など、人によって重きを置

記事を読む

クレッシェンドラヴ&アドバンスマルス

先週末の中央競馬勝ち馬

クレッシェンドラヴが現役を退くこととなりました。2歳の10月にデビューしてから6年間という長きにわた

記事を読む

PAGE TOP ↑