先週末の中央競馬勝ち馬

中山記念でインパクトのある勝ち方をしたこともあって注目を集めているパンサラッサ。僚馬バスラットレオンと共にドバイに向けて調整されているということもあって、特にこの2頭に注目が集まり、応援のメッセージを頂戴することも多くなってきました。中山記念の勝ち馬は、近年ここを勝って海外に羽ばたいていく馬も多く、調べてみたところ、以下の通りでした。

2011年 ヴィクトワールピサ(ドバイワールドカップ-G1優勝)
2016年 ドゥラメンテ(ドバイシーマクラシック-G1 2着)
2017年 ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C-G1優勝)
2018年・2019年 ウインブライト(クイーンエリザベス2世S-G1優勝、香港C-G1優勝1回、2着1回)
2021年 ヒシイグアス(香港C-G1 2着)

特に近年は海外で大活躍する馬が急増。初の海外ということもあってドバイへの輸送が少々心配ですが、無事輸送をクリアして、何とかいい状態でレースに臨んで欲しいものですね。

ちなみに、先のメルマガでも取り上げられていたように、本日3月10日はエフフォーリア、アーモンドアイ、キタサンブラックなど割と活躍した著名馬の誕生日が多いことで有名ですよね。海外でもケンタッキーダービー馬ナイキスト、輸入種牡馬のノヴェリストやドクターデヴィアスなどが有名ですが、ナイキストの父アンクルモーもブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを制していて、父と子が同じ誕生日で共に活躍馬という珍しいケースもありました。古くはGone Westなどの名種牡馬もいますし、やはり名馬が多く誕生する日のようですからね。チーム広尾からもドグマを始め、今後名馬が誕生することを祈りつつ、今週の出走馬を応援したいと思います。いよいよ初出走となるアシタカと除外によりアネモネSへの出走となったアリシアンの2頭へのご声援のほど、よろしくお願いします。

P.S.
ちなみに、本日3月10日は様々な日に制定されているのですが、語呂合わせから、佐渡の日さ(3)ど(10)、水戸の日み(3)と(10)、砂糖の日さ(3)とう(10)などが制定されているそうです。他にもいくつかあって、中でも少し変わったところだと、アメリカでは任天堂のゲームで有名なキャラクターのマリオの日なのだそうです。3月10日を英語で書くとMar.10となり、これがMARIOに見えることから制定されたようですが、なるほど…。(蛇足です)

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、20年産、21年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エピファネイア・・・アスカビレン’20(※満口
エピファニー(牡3) 3/5 中山6R 3歳未勝利 芝1800m 1着
サークルオブライフ(牝3) 3/5 阪神11R チューリップ賞(G2) 芝1600m 3着

◆キズナ・・・デプロマトウショウ’21(※募集中)
ホウオウルバン(牡4) 3/5 中山10R 上総ステークス(4歳以上3勝クラス) ダ1800m 1着
ビアンフェ(せん5) 3/5 中山11R オーシャンステークス(G3) 芝1200m 3着
スンリ(牝4) 3/5 阪神8R 4歳以上2勝クラス 芝1200m 1着
オールザワールド(牡5) 3/5 阪神9R 和田岬特別(4歳以上2勝クラス) 芝2000m 1着
ネビーイーム(牡4) 3/6 阪神4R 障害4歳以上未勝利 芝→ダ2970m 1着

◆サトノアラジン・・・クエストフォーワンダー’ 20(※満口
ロードアラビアン(牡3) 3/5 中山3R 3歳未勝利 ダ1800m 1着

◆ドゥラメンテ・・・ジアナズドリーム’20(※残口わずか
フォルツァンド(牡4) 3/5 阪神7R 4歳以上1勝クラス ダ2000m 1着
イグザルト(牡3) 3/6 中山2R 3歳未勝利 ダ1200m 1着
バーデンヴァイラー(牡4) 3/6 中山10R 総武ステークス(OP) ダ1800m 1着

◆ドレフォン・・・レトロクラシック’20(※満口
クーシフォン(牝3) 3/6 中山3R 3歳未勝利 ダ1800m 1着

◆ヘニーヒューズ・・・サンライズシェル’21(※募集中)
スリーピート(牡5) 3/6 中山12R 4歳以上2勝クラス ダ1200m 1着

◆ミッキーアイル・・・ルックオブラヴ’20(※募集中)
ピンハイ(牝3) 3/5 阪神11R チューリップ賞(G2) 芝1600m 2着
ミッキーストロング(牡3) 3/6 中山1R 3歳未勝利 ダ1800m 1着

◆モーリス・・・ステラリード’20(※満口
レーヴドゥラプレリ(牝4) 3/5 中山8R 4歳以上1勝クラス 芝1600m 1着
ホウオウリアリティ(牡4) 3/5 中山9R 潮来特別(4歳以上2勝クラス) 芝2500m 1着
アバンチュリエ(牡3) 3/6 中山6R 3歳1勝クラス 芝1600m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※満口
スマイルオンミー(牝3) 3/5 中山1R 3歳未勝利 ダ1800m 1着
アルサトワ(牡5) 3/6 阪神11R 大阪城ステークス(L) 芝1800m 1着

◆ロードカナロア・・・キョウエイカルラ’20(※満口
サンクフィーユ(牝3) 3/5 阪神5R 3歳未勝利 芝1600m 1着
ルプリュフォール(せん6) 3/6 阪神10R 斑鳩ステークス(4歳以上3勝クラス) 芝1400m 1着

ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
アイスジャイアントが2歳新馬戦に優勝し、JBC2歳優駿(Jpn3)にも優勝!
半兄キセキノセンシが新馬戦で上がり3F最速で3着に入線!
ゼロカラノキセキ’ 20残122口
牝2歳 芦毛 2020.03.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
美浦・尾関知人厩舎予定

ニュージーランドT(G2)に優勝したバスラットレオンと同じ三嶋牧場生産馬!
父マジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーがユニコーンS(G3)に優勝!
サンライズホープがシリウスステークス(G3)に優勝!
ライトウォーリアが太秦ステークス(OP)に優勝!
ミンティエアー’20残219口
父:マジェスティックウォリアー 母:ミンティエアー (母の父:アグネスタキオン)
牡2歳 鹿毛 2020.02.09生 浦河産
栗東・須貝尚介厩舎予定

エイシンフラッシュ産駒のオニャンコポンが京成杯(G3)に勝利!
ラズベリータイム’ 20残240口
牝2歳 黒鹿毛 2020.02.25生 新ひだか産
父:エイシンフラッシュ 母:ラズベリータイム (母の父:フジキセキ)
栗東・田中克典厩舎予定

ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
アイスジャイアントが2歳新馬戦に優勝し、JBC2歳優駿(Jpn3)にも優勝!
ゴッドフロアー’ 20満口直前
2歳 鹿毛 2020.02.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゴッドフロアー (母の父:ハーツクライ)
栗東・松永幹夫厩舎予定

父は現役時代にG1 5連勝を含むG1 6勝を挙げた超大物。初年度産駒が米国で2歳種牡馬リーディングに輝く!
日本でもグランアプロウソが圧倒的なスピードで新馬戦を快勝!
ステラエージェント’ 21満口直前
1歳 栗毛 2021.02.26生 浦河産
父:Gun Runner 母:ステラエージェント (母の父:More Than Ready)
栗東・矢作芳人厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先日、観光で訪れている外国人が桜の下で写真撮影している姿を見かけたのですが、物珍しそうに桜を観賞して

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

3月末には春を通り越して初夏を感じさせるような陽気になるなど、ちょうどそのあたりから気温が上昇し始め

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

春の長雨といった感じで、今週は雨が多かったように感じます。季節の変わり目ということもあって気温のアッ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先週末に行われた阪神大賞典(G2・芝3000m)はテーオーロイヤルが直線で抜け出すと、2着馬に5馬身

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

いよいよ2025年2歳馬特別募集の受付が明日15日(金)午前11時より開始となります。今回新たに募集

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

いよいよ春のクラシックレースのトライアルが始まりました。先週は弥生賞(G2)、チューリップ賞(G2)

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

今週は汗ばむくらいの気温になったと思ったら、降雨もあって真冬に戻ったかのような気温となり、アップダウ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

東京では今週まとまった降雪があったこともあり、電車の遅延や運休を始め、高速道路の通行止めなど交通網に

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

早いもので、あっという間に1月が終了し、今日から2月がスタートしました。2月は最も短い月ということも

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

早いもので2024年がスタートして3週間半が経過しようとしています。年頭から慌ただしくしておりまして

記事を読む

PAGE TOP ↑