先週末の中央競馬勝ち馬

先週末はシルバーステート産駒がダリア賞でワンツーフィニッシュを決めたと思ったら、ドゥラメンテ産駒が新馬戦に勝利し、2歳戦の勝利頭数では6頭(6勝)とトップに立っています。

オープンでの成績もあり、賞金順ではシルバーステートが再び一歩抜け出す格好となりましたが、勝利数では6勝ずつと五分五分の勝負。ただ、ドゥラメンテ産駒は出走頭数が34頭、出走回数も47回と一番多いというアドバンテージもありますし、2世代目になっても、昨年の2歳リーディング2位の勢いに陰りは見られない様子。

ドゥラメンテ産駒はフットワークが大きめな馬が多いこともありますし、芝1800mで4勝、芝1600mで1勝、芝1200mで1勝を挙げていて、距離的にも中距離での活躍も見込めそうですからね。先週の新馬に優勝したダークエクリプスは馬群を縫って抜け出してくるという新馬らしからぬ芸当も見せていましたし、産駒の出走頭数、回数が多いこともあり、今後さらに勝ち星を重ねていく可能性もありそうです。

ライバルとなるシルバーステート自身は芝1600m~芝2000mで勝ち星を挙げていますが、今のところ、産駒は1頭を除くと勝ち星は全て芝1200m~芝1400mの短距離で勝利したもの。実際、スピードを活かしての逃げ切り勝ちというレースもありますし、今後、距離を延長した際に同じレースができるかどうかがカギとなりそうですが、総じてレースぶりが上手な産駒が多く、折り合い面に問題がないようにも見受けられます。その他、エピファネイア、ロードカナロア、ダイワメジャーなども差がない状況ですし、引き続き、2歳戦の今後の動向が気になる週末となりそうです。

さて、先週、先々週とチーム広尾の所属馬は出走せず、少し早い夏休みとなりましたが、今週は3週間ぶりに中央競馬での出走となります。ミッキーアイル産駒のウィンダミア、キタサンブラック産駒のドグマの2頭が新馬戦でデビュー予定ですが、ミッキーアイル産駒もキタサンブラック産駒も共に2歳戦で勝ち星を挙げていますし、更に勝ち星を上積みできるといいですよね。今週もご応援のほど、よろしくお願いいたします。

ドゥラメンテ産駒の
ジアナズドリーム’20募集中
1歳 黒鹿毛 2020.01.06生 浦河産
父:ドゥラメンテ 母:ジアナズドリーム (母の父:Twirling Candy)
栗東・四位洋文厩舎予定

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、19年産、20年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エピファネイア・・・ベネディーレ’19(※満口アスカビレン’20(※満口
フォラブリューテ(牝2) 8/7 新潟5R メイクデビュー新潟 芝1600m 1着

◆キズナ・・・ミスペンバリー’19(※満口
アスクワイルドモア(牡2) 8/7 函館1R 2歳未勝利 芝1800m 1着
ヘネラルカレーラ(牝3) 8/8 新潟3R 3歳未勝利 芝1600m 1着
レプンカムイ(牡3) 8/8 新潟11R レパードステークス(G3) ダ1800m 3着
フラーズダルム(牝3) 8/8 新潟12R 3歳以上1勝クラス 芝1600m 1着

◆シルバーステート・・・グレイスフルソング’19(※満口
ベルウッドブラボー(牡2) 8/7 新潟9R ダリア賞(OP) 芝1400m 1着

◆ドゥラメンテ・・・ジアナズドリーム’20(募集中
サトノディーバ(牝3) 8/8 函館2R 3歳未勝利 芝2000m 1着
ダークエクリプス(牡2) 8/8 函館5R メイクデビュー函館 芝1800m 1着

◆マジェスティックウォリアー・・・ゼロカラノキセキ’19(※満口レフィナーダ’19(※残136口ミンティエアー’20(※残口わずか
マーチリリー(牝3) 8/7 函館8R 3歳以上1勝クラス ダ1700m 1着

◆ミッキーアイル・・・クエストフォーワンダー’19(※満口
ブルースコード(牡3) 8/7 函館7R 3歳以上1勝クラス ダ1000m 1着
アールラプチャー(牝3) 8/7 函館12R 3歳以上1勝クラス 芝1200m 1着

◆モーリス・・・ショウナンタレント’19(※満口ステラリード’20(※満口
ホウオウリアリティ(牡3) 8/7 函館6R 3歳未勝利 芝2000m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※満口
ラピスデラビオス(牝3) 8/7 新潟4R 3歳未勝利 芝2000m 1着
レープハフト(牝3) 8/7 函館2R 3歳未勝利 ダ1700m 1着

◆ロードカナロア・・・ステラリード’19(※満口キョウエイカルラ’20(※満口
ヴィアドロローサ(牡2) 8/7 函館5R メイクデビュー函館 芝1200m 1着
ステルナティーア(牝2) 8/8 新潟6R メイクデビュー新潟 芝1600m 1着

父マジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーがユニコーンS(G3)に優勝!
サンライズホープが三宮Sを連勝で制してオープン勝ち!
ハンディーズピークが2歳コースレコードで新馬勝ち。昇級初戦に勝利し、5戦3勝!
レパードS(G3)5着
レフィナーダ’19残136口
父:マジェスティックウォリアー 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
牝2歳 黒鹿毛 2019.05.22生 新ひだか産
美浦・高柳瑞樹厩舎予定

ニュージーランドT(G2)に優勝したバスラットレオンと同じ三嶋牧場生産馬!
父マジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーがユニコーンS(G3)に優勝!
サンライズホープが三宮Sを連勝で制してオープン勝ち!
ハンディーズピークが2歳コースレコードで新馬勝ち。昇級初戦に勝利し、5戦3勝!
レパードS(G3)5着
ミンティエアー’20残口わずか
父:マジェスティックウォリアー 母:ミンティエアー (母の父:アグネスタキオン)
牡1歳 鹿毛 2020.02.09生 浦河産
栗東・須貝尚介厩舎予定

ダンカーク産駒のマイネルアルケミーが4勝目を挙げてオープン入り!
ゼロカラノキセキ’ 20残口わずか
1歳 芦毛 2020.03.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
美浦・尾関知人厩舎予定

父マジェスティックウォリアー産駒のスマッシャーがユニコーンS(G3)に優勝!
サンライズホープが三宮Sを連勝で制してオープン勝ち!
ハンディーズピークが2歳コースレコードで新馬勝ち。昇級初戦に勝利し、5戦3勝!
レパードS(G3)5着
エンパイアブルー’ 20残口わずか
1歳 鹿毛 2020.04.11生 新ひだか産
父:マジェスティックウォリアー 母:エンパイアブルー (母の父:エンパイアメーカー)
美浦・高柳瑞樹厩舎予定

父キズナ産駒のバスラットレオン(当クラブ所属馬で同じく矢作厩舎管理馬)がニュージーランドT(G2)を制覇!
ビアンフェが函館スプリントS(G3)に優勝!
シャムロックヒルがマーメイドステークス(G3)に優勝!
ハイアーラヴ’ 20満口
1歳 鹿毛 2020.02.29生 新ひだか産
父:キズナ 母:ハイアーラヴ (母の父:Sadler’s Wells)
栗東・矢作芳人厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

新潟開催が終了し、今週から東京、京都の2場開催となりますが、そんな中、東京では3歳馬の頂点を決定する

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

東京では昨晩から今朝にかけて降雨があるなど、天気が変わりやすかったのですが、この先は割と晴天が続くと

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

GWが明けから変わりやすい天候なのですが、晴れると暑く、雨だと少し肌寒く感じられるため、寒暖差で体調

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

ゴールデンウィーク前半戦が終了しましたが、中には10連休という方もいらっしゃるようで羨ましい限り。暦

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

いよいよ今週から6週連続G1が開幕します。今週の春の天皇賞から始まって安田記念まで1か月以上もの間、

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

渋谷の街中では、連日のように観光で訪れる外国人に遭遇します。以前は、割とアジアからの観光客が多かった

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先日、観光で訪れている外国人が桜の下で写真撮影している姿を見かけたのですが、物珍しそうに桜を観賞して

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

3月末には春を通り越して初夏を感じさせるような陽気になるなど、ちょうどそのあたりから気温が上昇し始め

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

春の長雨といった感じで、今週は雨が多かったように感じます。季節の変わり目ということもあって気温のアッ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先週末に行われた阪神大賞典(G2・芝3000m)はテーオーロイヤルが直線で抜け出すと、2着馬に5馬身

記事を読む

PAGE TOP ↑